スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

E4200 の良い所、悪い所

では、個人的な E4200 の感想を。Dell のサイトで注文して、届いたのが 3月の中旬だったと思うので (今回は注文から 10 日程度で到着しました)、もう一ヶ月以上は使っていることになりますね。ほぼ毎日使っていたと思います。

[良い点]
・軽い。時々持ち歩いてマックで使ったりしていますが、かばんはそれなりの重量になりますが、持ち歩いて買い物とかしていても耐えられるレベルです。せっかく薄いので、かばんも薄くてサイズがあう物を買いました。
・処理能力高い。まあ、比較対象は atom ですが、例えば youtube の高画質も最低クロックの 800MHz 固定で十分見れます。というかだいたい 800MHz 固定で使っています。ビデオ能力については、オンボードなのでそれなりですが。
・液晶のバックライトを自動調整してくれる。光センサ?を内蔵していて、周囲の明るさにあわせてバックライトの明るさを自動調整してくれます。もちろん、手動で変更することも可能です。
・キーボード配列は素直。Page Up/Down が上カーソルキーの横に来ていますが、このサイズのノートPCでPage Up/Downが独立キーになっている方が珍しいかもしれないので、ポイントとしては高いです。ただ、右Alt が無いのは残念な点。滅多に使わないからそれほど気にはなりませんし、いざとなれば全く使わないカタカナ ひらがなキーあたりを割り当てる、という方法もあるでしょうしね。
・レガッタブルーは良い色です。

[悪い点]
・USB ポートが左右に一つずつ、計2ポートしか無い。片方は eSATA と共有なので、eSATA を使う場合は USB ポートは一つになってしまいます。
・ファンの音はそれなりにする。mini9 などのファンレスに慣れてしまったからですが、少し気になるレベルかもしれません。起動直後はファンは回転しないのですが、一度回転し始めると、基本的に止まりません。ただ、最低回転時はほとんど聞こえないレベルです。最低回転まで落ちるのは、アイドル時ぐらいだと思いますが。
・キータッチは悪くは無いです。良くもないです。嫌いではないキーボードですが、この値段ですし、もう少し良い物を期待したくなるかな?という印象は受けます。

[その他]
・ボリュームコントロールのボタンがあるのですが、普通のボタンではなくタッチセンサというのでしょうか?表面をなぞるようにすることで反応するタイプです。反応すると LED が光るのですぐわかるのですが、ちょっと慣れが必要です。
・バックライト調整の光センサが、電源ボタンの下にある。この場所だと、光源の位置によっては意図せず手がセンサを遮って、バックライトの明るさが変化してしまうことがありました。
・Bluetooth をつけなかったのを後悔しています。+4200円ぐらいだったので、USB のドングルつけた方が安上がりだな、なんて考えちゃいましたが USB ポートが少ないことを忘れていました。

現状の悩みどころとしては、USB ポートの不足をどうするかというところですね。E-port とかいうオプションの拡張ポートを使うと、結構ポート数が増やせる上に DVI などもついてくるのですが、なんと言っても2万円近くするので躊躇しています。
今のところなんとかなっていますが、どうしても困るようなら買うかもしれません。
でも、今のところ気になる不満はそれぐらいと言えるぐらいに満足しています。
スポンサーサイト
Date: 2009.05.02 Category: E4200  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。