スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Fedora11 アップデート後

やはり一回目のアップデートは失敗しましたが、しばらく待ってから再度実行すると今度はうまくいきました。
Alpha や Beta という表示は無いので、ホントに Beta 相当になっているのか不明ですが。。。

とりあえず現状のバージョンは、
kernel 2.6.29-16
glibc 2.9.90-11
gcc 4.4.0-0.30
xorg-x11-server-Xorg 1.6.0-15
gnome 2.26.0-1
lxde 0.3.2.1-4
こんな感じでした。カーネル 2.6.29 が正式リリースされたので rc が取れてますね。アップデート前は lxde のメニューや設定画面はほとんど英語でしたが、逆にほとんどが日本語で表示されるようになりました。
微かな期待を抱いていた、mini9 で音が出ない問題はやはり変化無しです。Ubuntu 9.04 beta の LiveDesktop を起動したときに音は出たので、ハードウェアの故障では無いようですが・・・

と思ったら、音出ました。Volume Control の Configuration を開いて、Profile の所が 「Input Analog Stereo」になっていたので、それを「Output Analog Stereo + Input Analog Stereo」に変更したら音が出ました。
う~ん・・・いつからこの設定にしていたのでしょうか。以前に、音が出なくてこの辺の設定をいろいろ変更した記憶はあります。
一時期本当に音が出なくなっていて、そこでこの設定を変えてしまったために、それ以降音がでないとハマる結果となってしまったのですかね。。。
ともかく、問題が解決してよかったです。

また、mini9 の無線LAN は wl.ko というモジュールを使いますが、これのパッケージの kmod-wl が現行のカーネルに対応していません。ソースからビルドすれば使えるので、とりあえずは問題では無いです。

後から気がつきましたが、Firefox が Minefield から Firefox 3.1 Beta3 に変わっていました(どこかで Firefox は時期バージョン名が 3.1 から 3.5に変更される、と聞いた記憶がありますが。またそのうち変更されるのでしょう。)。
今までとの違いとして、IE7 みたいにタブバーに「+」ボタンが追加されていて、それをクリックすると新しいタブを開きます。
Minefield の時から、意外と安定して動作していましたし、違いに気がついたのはそれぐらいでしたが。。。
スポンサーサイト
Date: 2009.03.30 Category: mini9  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。