スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

音楽ファイルを共有する

Netbook はいろいろ制限があるので、音楽ファイルをすべてローカルに保存するのは難しいと思います。
さらに、複数台所有しているとファイルの管理の手間だけでも馬鹿になりません。ファイルやフォルダの共有でやるのもいいですが、mt-daapd を使うと対応プレーヤーを使うだけで手軽に共有できます。Windows や Mac なら iTunes を使うとできる(んですよね?)機能です。

まず mt-daapd をインストールする PC がサーバーとなり、ここに音楽ファイルを保存します。ubuntu なら
sudo apt-get install mt-daapd
で、Fedora なら
yum install mt-daapd
でインストールできます。mt-daapd は firefly と名称が変わったようですが、パッケージ名は mt-daapd で変わらないようです。
次に設定ファイルを書き換える・・・のですが、最近のバージョンでは web インターフェイスがあります。mt-daapd をインストールした PC でブラウザを開き、
localhost:3689
を開きます。ユーザー名とパスワードを聞かれるので、デフォルトではユーザー名は空欄、パスワードは mt-daapd を入力します。これは /etc/mt-daapd.conf ファイルに書いてあるはずです。
ログインができると firefly media server の管理画面が開くので、左ペインの configuration をクリックします。
ここで必須なのは、Music Folder 欄に音楽ファイルを保存したディレクトリを指定することです。あとは必要に応じてパスワードを設定・変更します。
設定をしたら、画面下の SAVE ボタンをクリックして設定を保存し、Server Status に戻ります。あとは真ん中あたりの Start Scan ボタンをクリックすれば指定したディレクトリ以下のファイルをスキャンします。
これでサーバー側の設定は完了です。

クライアントは、gnome なら Rhythmbox が DAAP に対応しています。先ほどの firefly の管理ページで、Bonjour サービスが Running になっていれば Rhythmbox を起動して少し待てば、画面左下の方に「共有」という項目ができて mt-daapd のマシンが表示されます。
もし出てこなければ、演奏 -> DAAP 共有に接続する を選んで、サーバーの IP アドレスを入力します。
表示されたサーバー名をクリックすれば、サーバーでスキャンされたファイルがリストされます。デフォルトで対応するファイル形式は mp3、aac、wav、ogg、flac、wma あたりかな?
ただ、ogg や wma は本来の DAAP では対応していないらしく、mt-daapd 側で wav に変換して転送されるそうです。なので、mp3 だと再生中のネットワーク転送量は 15Kバイト/秒 程度ですが、ogg だと 200Kバイト/秒ぐらいになります。
この時の mt-daapd 側の負荷ですが、mini12 でモニターしてみたところ 5% は超えない程度でした。変換に要する CPU への負荷は、ほとんど気にしなくてもよさそうです。
スポンサーサイト
Date: 2009.03.21 Category: Linux  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。