スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Fedora11 alpha

mini9 に入れてあった Fedora10 を、Alpha 版の Fedora11 にアップデートしてみました。今回はインストールDVD をダウンロードして、そこからアップデートをしました。

アップデートは特にエラーもなく終わりましたが、インストール後に yum update でアップデートをかけると、何やらエラーがぼろぼろ出ています。
何事かと思っていろいろやっていると、結果的には rpm 関連のパッケージが古く(多分依存関係などでアップデートされてなかったのだと思います)、エラーが出ていたようです。

なので、まず一番最初に
yum update rpm\*
とやって、rpm 関連をアップデートしておきます。これでエラーが無くアップデートができました。

当然ですが、なにかと不安定ですのでよほどの理由が無い限り、正式リリースまで待つべきだと思います。サスペンドに失敗したり、カーネルをアップデートすると起動しなくなったりなどがよくあります。ちなみに、日本語入力メソッド(って呼び方でいいのでしょうか?)が SCIM から iBus とやらに変更されています。基本的な使い方は変わらないようですが、インストール直後の状態では変換エンジン(って呼び方でいいのでしょうか?)が動作していないので、通知スペースの iBus アイコンを右クリックして設定画面から、エンジンで anthy を開始するようにする必要がありました。一回やれば再起動しても anhty が開始しているので、一回やればいいようです。
SCIM は開発が進んでいない、という話を聞いたことがありますが、ついに Fedora はまた入力メソッドが変更になるのでしょうか。。。
スポンサーサイト
Date: 2009.03.06 Category: mini9  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。