スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

IEGD のインストール

まずは IEGD_9_0_2_Linux.tgz を展開します。そこで作成される IEGD_Patches/Drm に移動して make するのですが、これは失敗してしまうのでパスします。

次に、IEGD_9_0_2_Linux/Driver/Xorg-X11R7.3 に移動します。ここで、以下のように必要なファイルをコピーします。
cp iegd_drv.so /usr/lib/xorg/modules/drivers/
cp lvds.so /usr/lib/xorg/modules/
cp libXiegd_escape.so.2.0.0 /usr/lib/
cp libGLgn3.so /usr/lib/libGL.so.1.2
mkdir /usr/lib/xorg/modules/dri/
cp iegd_dri.so /usr/lib/xorg/modules/dri/ (このファイルは必要ないかも)
さらに以下のようにリンクを張ります。
cd /usr/lib
ln -s libXiegd_escape.so.2.0.0 libXiegd_escape.so
ln -s libXiegd_escape.so.2.0.0 libXiegd_escape.so.2
ln -sf libGL.so.1.2 libGL.so
ln -sf libGL.so.1.2 libGL.so.1

IEGD_Patches/IKM ディレクトリに移動します。
chmod +x install.sh
./install.sh
とするところですが、カーネル2.6.24 ならこのままで問題ありませんが、カーネル2.6.25 ではエラーが出て失敗します。
適当にパッチを作って、とりあえずビルドはできました。このファイル をダウンロードして、ファイル名を _gz.xml から .gz に変更して (FC2のファイルアップロードの制限のため) IKM ディレクトリに移動してから
zcat ikm_kernel2_6_25_diff.gz | patch -p1
とパッチを当てて、install.sh コマンドを実行すればドライバが作成されます。root 権限があればそのままインストールも行ってくれます。

必要であれば、IEGD_9_0_2_Linux/Utilities にあるファイルに実行権限を付けて、/usr/local/bin などにコピーします。

最後にxorg.conf に必要な情報を記述します。
自動認識では正常に表示されないのですが、このファイルのように記述すると 1024x600 で問題なく表示が出来ました。

しかし、コンパイルできないモジュールもありますし、IKM ディレクトリで作成される iegd_mod.ko はロードするとセグメンテーション違反らしきものが発生しています。
また、xrandr による画面の回転も出来ません。(解像度の変更は出来ます)

とりあえず表示は出来たのでこれでいいとします。また、Ubuntu ではうまく調整できなかった evtouch でのタッチパネル操作が正常に出来るようになりましたので、現在はそれを使っています。
スポンサーサイト
Date: 2009.01.11 Category: gentoo  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。