スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

AuraxTSense v7.6.1 の省電力用スクリプト

v7.1 あたりから、スリープ時に CPU の動作クロックを最低に下げたりと、より省電力動作をしている AuraxTSense ですが、これを制御しているのはシェルスクリプトなので、必要に応じて編集することができます。
もちろん、省電力とハイパフォーマンスを両立するのは難しいですから、どの辺でバランスを取るかは使い方に応じていろいろ試してみるしか無いと思いますが。

今回は、デフォルトよりも省電力になるように変更してみました。以前と比べて、不自然なほどバッテリーを消費してしまうことがなくなり、安定して一日はバッテリーが持つようになったと思います。

編集するファイルは、/system/bin/ssts 。このファイルの 7,8 行目にこんな記述があります。

AWAKE_GOVERNOR="ondemand"
SLEEP_GOVERNOR="ondemand"

これは、それぞれ動作時のガバナとスリープ時のガバナを指定しています。
ガバナには ondemand, interactive, powersave の三種類が使えます。
powersave はその名の通り電力消費を抑えますが、基本的に最低クロックに張り付きます。
ondemand と interactive は、どちらも負荷に応じた動作クロックの動的制御を行ないますが、ondemand は負荷を常に監視して動作クロックを変更するのに対し、Interactive は CPU の負荷が落ち着くまで動作クロックを変更せず、CPU がアイドル状態になった時に動作クロックの制御を行ないます。
低レイテンシなシステムでは interactive が有効なようですし、バッテリーの駆動時間としても interactive の方が優れている場面が多いと思われます。
(多分こんな感じです。間違ってたら指摘してください)

今回は、AWAKE_GOVERNOR="interactive", SLEEP_GOVERNOR="powersave" にしてみました。

さらに、32 行目で動作時の無線 LAN の出力を指定しています。

$IWCONFIG eth0 txpower 100mW

100mW にしているので、これを 10mW に変更しました。
同じくスリープ時の出力を 54 行目で 10mW にしているので、こちらは 1mW にしました。


無線 LAN の出力を落としたので、アクセスポイントから離れると繋がりにくいことがあるかと思いましたが、私の環境だとほとんど気にならないレベルでした。スリープ中も切れることは (少なくとも気がついている間は) ありませんでした。
interactive ガバナは見た目に影響があるかもしれません。スリープから復帰した時のロック解除のスライドがもたつくことがよくあります。この辺は、動作クロックの上昇が (ondemand に比べて) 遅いような雰囲気が出てますね。一度動き出してしまえばスムーズに動くので、使っているうちに慣れてきましたが。

その他にも、メモリに関するチューニングなどをこのスクリプトで実行しているので、好みに応じて編集してみるのもいいかもしれません。
注意点として、adb push などでコピーした場合は、スクリプトに実行権限を付けるのを忘れないようにしましょう。
スポンサーサイト
Date: 2010.09.25 Category: desire  Comments (1) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

pai

Date2010.09.25 (土) 23:07:41

具体的な修正・適用方法も記載していただけると助かります。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。