スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

cifs で日本語ファイル名

今回も cifs 関連 です。
実は以前の方法では、日本語ファイル名が文字化けしていました。
これは、文字コードを扱うためのモジュールが不足していたから、なのでした。
NexTSense v6.0 に、「Optimizing CIFS module and add nls_utf8.」とありますね。これで日本語ファイル名も扱えるようになります。
そのためには、mount コマンドを次のように実行します。

busybox mount -t cifs //192.168.0.1/share /mnt/sdcard/samba -o username=USERNAME,password=PASSWORD,iocharset=utf8


最後の iocharset オプションがポイントです。

この文字コードはクライアント側の入出力を判別するだけなので、共有フォルダを設定する側は適切に設定されていれば文字コードは関係ない (はず) です。
スポンサーサイト
Date: 2010.08.24 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。