スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

スリープ状態から光学ポインタで復帰する方法

コメントを頂きましたが、光学ポインタで復帰するためには /system/usr/keylayout/curcial-oj.kl というファイルを作り、そこに
key 272 DPAD_CENTER WAKE_DROPPED
と書けば良いみたいです。どうやら他の物理キーと光学ポインタは異なる入力デバイス扱いなのですね。

これを調べるには、どうすればよかったのでしょうか?

どうやら、getevent というコマンドが使えるようです。Desire と PC を USB で接続して、adb shell で Desire のシェルに入ります。そして
getevent
とコマンドを実行します。すると

# getevent
add device 1: /dev/input/event9
name: "compass"
add device 2: /dev/input/event8
name: "curcial-oj"
add device 3: /dev/input/event7
name: "dummy_keypad"
add device 4: /dev/input/event6
name: "lightsensor-level"
add device 5: /dev/input/event5
name: "bravo-keypad"
add device 6: /dev/input/event4
name: "proximity"
add device 7: /dev/input/event3
name: "synaptics-rmi-touchscreen"
add device 8: /dev/input/event2
name: "projector-Keypad"
add device 9: /dev/input/event1
name: "projector_input"
add device 10: /dev/input/event0
name: "h2w headset"

こんな内容が出力されます。
端末の状態によっては、その後に続けて event 出力が表示されます。例えば、メニューキーを押してから光学ポインタを押してみると、以下のような出力があります。
/dev/input/event5: 0001 008b 00000001
/dev/input/event5: 0001 008b 00000000
/dev/input/event8: 0001 0110 00000001
/dev/input/event8: 0001 0110 00000000
最初の二行が、メニューキーを押して離した状態を示します。/dev/input/event5 は上のリストから bravo-keypad デバイスです。その後に続く数値の二つめ、「008b」を 10 進数に直すと 139 です。bravo-keypad.kl ファイルを確認すれば、このキーコードがメニューキーだとわかります。
同様に、後の二行を読み解きます。/dev/input/event8 はデバイスリストでは curcial-oj デバイスとなります。キーコードは「0110」。これを 10 進数に直せば 272 となります。
キー名の「DPAD_CENTER」は・・・bravo-keypad.kl ファイルからそれらしい名前をあててみるしかないでしょうか。DPAD_CENTER 以外の値を設定すれば、光学ポインタを押した時の動作を変えられるかもしれませんね。
/system/usr/keylayout 以下のファイルは、デバイス名ごとに作成する必要があるようで、key 272 を bravo-keypad.kl ファイルに追加しても無視されます。

もしヘッドセットなどでうまく動作しないボタンなどがあったら、これを応用して解決できるかもしれませんね。
スポンサーサイト
Date: 2010.07.24 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。