スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Desire 向けに Android をソースからビルドする手順

android のソースから Desire 向けにビルドする方法です。そのままでは Desire 特有のデバイスなどに対応できないので、いくつか手順が必要となります。

まず、
1. Ubuntu10.04 がインストールされた PC (メモリ 1.5GB、HDD の空き容量が 20GB 以上)
2. Froyo (DeFroST でも openfroyo でもいいので) がインストールされた Desire
を準備します。2. がなんとなく納得いかない気もしますが、ソースと一緒に配布することのできないファイルをデバイスから取得する必要があるためのようです。
詳しい手順は http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=709105

まず必要なパッケージを準備します。ユーザーのホームディレクトリで、以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install git-core gnupg flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zipcurl libncurses5-dev zlib1g-dev valgrind
cd ~
mkdir bin
curl http://android.git.kernel.org/repo >~/bin/repo
chmod a+x ~/bin/repo



Java をインストールします。Ubuntu は openjdk がインストールされていますが、android のビルドには Sun が提供する Java を使う必要があります。
http://java.sun.com/products/archive/j2se/5.0_22/index.html から、「Download JDK」のリンクをクリックします。Platform は「Linux」、「I agree ~」にチェックをいれて「Continue」をクリック、「jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin」をクリックしてダウンロードします。
ホームディレクトリで、以下のように実行します。

chmod +x jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin
./jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin
(jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin へのパスは適切なものに置き換えてください)


Java のライセンスが表示されるので、スペースバーを押してスクロールさせ、最後まで表示したら「yes」と入力して Enter キーを押すと展開されます。
もし Java の 1.5 より新しいバージョンを使う場合、android のソースをダウンロードした後に Java のバージョンチェックをしているコードを修正する必要があります。

ビルドの下準備をします。以下のコマンドをホームディレクトリで実行します。

cat >> ~/.bashrc <export JAVA_HOME=/home/myfroyo/jdk1.5.0_22/
export ANDROID_JAVA_HOME=$JAVA_HOME
export PATH=$PATH:/home/ben/bin:$JAVA_HOME/bin
EOF
. ~/.bashrc


Java のパスは適切なものに置き換えてください。

android のソースをダウンロードします。

mkdir ~/mydroid
cd ~/mydroid
repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git -b froyo
repo sync



Desire 用のファイルを取得します。
http://github.com/defer/device_htc_bravo にアクセスし、上の方の「Download source」をクリックします。zip でも tar.gz でもどちらでもいいので、ダウンロードします。
ダウンロードしたアーカイブを展開し、device/htc/bravo と device/htc/bravo-common の二つのディレクトリを mydroid/device/htc/ 以下にコピーします。
そして、

cd mydroid/device/htc/bravo


でそのディレクトリに移動し、Desire を USB ケーブルで接続します。USB デバッグを有効にしておいてください。
Desire を接続したら、

./extract_files.sh


と実行し、必要なファイルをデバイスからコピーします。

ビルドを開始します。

cd ~/mydroid
source build/envsetup.sh
lunch


lunch menu というのが表示されるので、「htc_bravo-userdebug」の前にある数字 (私の環境では 4) を入力して Enter を押します。
ビルド環境が表示されるので、それを確認して

make -j2 otapackage


でビルドが始まります。-j の値は PC の CPU のコア数*2 が良いそうです。何も指定しないとコア一つ分しか使わないと思います。

ビルドには結構な時間がかかると思います。ビルドが完了すると、mydroid/out/target/product/bravo/ に「htc_bravo-ota-eng.username.zip」というファイルが作成されるので、これを Desire に適用すれば OK です。

myfroyo.png
スポンサーサイト
Date: 2010.07.04 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。