スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

アプリケーションの日本語化 (ブラウザ)

アプリケーションのインターフェイスを日本語化する手順です。まずはブラウザからやってみます。

・Firefox
tb-jp-firefox.png
TouchBook の Firefox で、mozilla の ダウンロードディレクトリ を開き、3.5.7 (またはその時点での 3.5 系のディレクトリ) > linux-i686 > xpi (ja ではない) と開いたディレクトリで、ja.xpi をクリックします。
タブバーの下に警告が表示されるので、「Allow」をクリックすると言語パッケージがインストールされるので、指示に従い Firefox を再起動するとインターフェイスが日本語化されます。

・Chromium
tb-jp-chromium.png
Chrome のダウンロードページ から Chrome をダウンロードします。Windows 版でも Linux の rpm、deb どれでもいいですが、今回は Linux 版の rpm をダウンロードしました。多少、ファイルの位置が違うかもしれません。
rpm をインストールせず、書庫マネージャーで開きます。その中の opt/google/chrome/locales にある ja.pak を抜き出します。もしすでに Chrome をインストールしている PC があれば、そこから同名のファイルをコピーするのが簡単かもしれません。
このファイルを、TouchBook の /usr/bin/chrome/locales/ ディレクトリに置きます。ロケールを ja_JP に設定した状態で chromium を起動すれば、インターフェイスが日本語化されます。
もしロケールを ja_JP にしていない場合、chromium の起動オプションに --lang=ja とつければ ja.pak を読み込んでくれるかもしれません。

・midori
tb-jp-midori.png

まず midori のサイト からソースパッケージをダウンロードします。パッケージを展開し、po ディレクトリの下の ja.po ファイルを見つけます。そして、以下のコマンドを実行します。これは TouchBook でも他の Linux PC で実行しても構いません。
msgfmt -o midori.mo ja.po
これで midori.mo というファイルができるので、これを TouchBook の /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/ ディレクトリにコピーします。
ロケールを ja_JP にして midori を起動すれば、インターフェイスが日本語化されます。
スポンサーサイト
Date: 2010.01.18 Category: TouchBook  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。