スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Turbolinux Client 2008

Turbolinux Client 2008

Turbolinux から、moblin を取り入れたバージョンがリリースされたようです。製品版は9,800円らしいですが、フリーのLiveCD版もあります。
試しにLiveCDを起動しようとした所、古いCD-RWを使ったからか起動中に止まってしまいました。
そこで、USBメモリからの起動をさせてみます。

まず1GB以上のUSBメモリをFAT32でフォーマットします。
LiveCDの内容をすべてUSBメモリにコピー。
syslinuxをUSBメモリにインストール。
USBメモリのisolinux/isolinux.cfg を、syslinux.cfgと名前を変更してUSBメモリのルートにコピー。
syslinux.cfgをエディタで開き、Turbolinux のappend行に"fromdev=disk nocdrom"を追加。

これでUSBメモリから起動できると思います。
実際使って見たところ、デフォルトで1024x600の解像度が使えます。さすがに無線LANは使えませんが、今のところLiveCDでこの解像度が出せたのはこれが初めて。
アプリがどれか解らなかったため試せませんでしたが、Webカメラもモジュールは読み込まれていて使えそうな気配。
こうなると無線LANが認識できないのが残念。gcc などもデフォルトではインストールされていないので、コンパイルすることも出来ません。
HDDインストールするなどしてちゃんと設定すれば使えるのかもしれませんし、なによりビデオドライバが何の設定もしなくても使えるのは便利かもしれません。
KDEも4.0系ではなく3.5.9なので軽くて使いやすいかもしれません。
スポンサーサイト
Date: 2008.08.30 Category: Linux  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。