スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Ubuntu9.10 で Android 開発環境を整える

私はプログラミングをやろうとすると途中で挫折することが多いのですが、それでも以前と比べれば無償で開発環境を構築することも出来るので、駄目でもいいからトライしてみようという気にはなります。
肝心の開発環境の構築方法は今月号の日経Linux に詳しく書いてありますので、これをみながらやればスムーズに進められると思います。
ちなみに、Ubuntu9.10 では APT からインストールできる Eclipse はバージョン 3.5 です。なので Android のプラグインも対応しているはずですが、どうも依存関係などでうまくいきません。
そのため、Ubuntu9.10 でも Eclipse は APT からインストールせずに、Eclipse のダウンロードサイトからダウンロードしてきた方がいいと思います。
この場合は問題なく Android のプラグインを使うことが出来ます。


まずは必要な物をダウンロードします。ダウンロードするのは Eclipse 本体と Android の SDK。
Eclipse は、Eclipse のダウンロードサイト から、「Eclipse IDE for Java Developers (92 MB)」の Linux 32bit となっているリンクからダウンロードします。似た名前のパッケージがいろいろありますので注意してください。(Java の IDE であればどれでもいいのかもしれませんが。。。)
Android の SDK は、SDK のダウンロードサイト からダウンロードします。従来は 1.5 や 1.6 のように Android のバージョン?で区分されていましたが、2.0 相当は r3 という表記に変わったようです。これの「android-sdk_r3-linux.tgz」をダウンロードします。
(1.5 や 1.6 をターゲットとする場合でも最新の SDK をダウンロードして、必要なバージョンの Platform をダウンロードする流れになるようです)


次にインストールです。

まずは JDK をインストールします。
sudo apt-get install sun-java6-bin

次に Android SDK をインストールします。ホームディレクトリで、
tar zxvf android-sdk_r3-linux.tgz
とします。すると「android-sdk-linux」というディレクトリができるので、ここにパスを通します。ホームディレクトリで、
vi .profile
で .profile ファイルを開き、末尾に以下の内容を追加します。

#set Android SDK tools dir
export PATH="$HOME/android-sdk-linux/tools/:$PATH"

ここで一旦再ログインします。再ログイン後、ターミナルから
android
と実行して、Android SDK and AVD Manager を起動します。
eclipse-01.png
新しいバージョンから、Platform は SDK のパッケージには同梱されず、必要に応じてダウンロードするようになったようなので、このツールからダウンロードします。
ダウンロードするには、左ペインの「Available Packages」をクリックし、表示された右ペインの「https://dl-ssl.google~」の左にある矢印をクリックします。するとこのリポジトリから入手できる Platform 等の一覧が表示されます。
eclipse-02.png
(もしエラーが出るときは、「Setting」で「Force https://... sources ~」を選択してから「Available Packages」に戻り、「Refresh」をクリックしてみて下さい)
eclipse-03.png
リストから、SDK Platform の必要なバージョンにチェックを入れ、「Install Selected」をクリックするとダウンロードとインストールが行われます。
インストールが終わったら Android SDK and AVD Manager を閉じます。

次に Eclipse のインストールです。といっても、アーカイブを展開するだけです。ホームディレクトリで、
tar zxvf eclipse-java-galileo-SR1-linux-gtk.tar.gz
と実行すると、eclipse というディレクトリが作成されるので、その中にある eclipse という実行ファイルを実行すると Eclipse が起動します。

最後に Eclipse に Android のプラグイン、ADT をインストールします。
eclipse を起動して、Help -> Install New Software を選択します。開いたウィンドウの右上にある「Add...」をクリックして、Name は「Android Development Tools」(任意の名前で OK です)、Location に 「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力して OK をクリックします。
表示された Development Tools にチェックを入れてインストールをします。
インストールが完了すると Eclipse が再起動します。再起動後、Window -> Preferences と選び、左ペインで Android を選びます。すると最初は警告が表示され、SDK の位置を指定するように指示がされます。
eclipse-04.png
この右ペインにある「Browse...」をクリックし、SDK のパッケージを展開した android-sdk-linux ディレクトリを指定します。
すると、SDK にインストールした Platform の一覧が表示されます。

これで、インストールは完了です。
スポンサーサイト
Date: 2009.11.14 Category: android  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。