スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Mer 0.16

Mer の最新版、0.16 がリリースされました。
今回の目玉は、SmartQ5 の 2D アクセラレーションがデフォルトで有効になった点。
SmartQ5 本体にインストールするファームウェアバージョンはリリースされていないようです。なにやら問題があるみたいですね。
現時点では SD カードからブートする方法のみで使用できるようです。
rootfs イメージをダウンロードして、それを SD カードの二つ目のパーティションに展開。その展開したイメージの /boot ディレクトリに zImage-smartq-200941 というファイルがあるので、これがカーネルイメージです。
これを SD カードのひとつ目のパーティションの /boot ディレクトリにコピーし、menu.lst ファイルをそのカーネルを指すように書き換えるのですが、おそらく認識できるファイル名は 8 文字 + 3 文字ではないかと思います。
なので、カーネル名も zImage のような短い名前に変更してから menu.lst で指定するとよいと思います。

また、便利機能として無線 LAN のファームウェアを自動的に展開、配置してくれるようになりました。
ファームウェアのアーカイブ (SD-8686-LINUX26-SYSKT-9.70.3.p24-26409.P45-GPL.zip) を、SD カードのひとつ目のパーティションのトップに置いておきます。zip のままで置く必要があるみたいです。
こうしておくと、初回セットアップ時に
20091019230.jpg
こんな表示が出てファームウェアが組み込まれます。しかし、この時点で無線 LAN のモジュールが読み込まれてしまっているので、この時点では無線 LAN がつながりません。
一旦再起動すると、無線 LAN が有効になります。
ただし、この機能は初回起動時のみらしいので、最初にやり忘れたら手動でファームウェアをコピーする必要があります。
20091018229.jpg
こういう表示が出たら、ファームウェアは組み込まれていないことになります。

ハードウェアアクセラレーションはなかなかの効果です。ブラウザのスクロールがとてもスムーズで、タッチパネルの反応が良くなったように感じます (これまでは画面描写が遅くて、タッチパネルの反応が悪いように感じていた部分もあったのでしょう)。

そのブラウザですが、Midori から Tear という名前のブラウザに変更されています。Webkit ベースのブラウザなのかな?ちょっと聞いたことのないブラウザです。メニューがステータスバーに統合されていたりして、使い勝手は良くなっていると思います。
ただ、タッチパネルに反応しすぎて遙か彼方までスクロールしてしまうことがしばしば。

とはいえ、レスポンスの良さはかなり印象が違います。初期インストールされるアプリがブラウザぐらい、バッテリー残量も表示されない、シャットダウン・リブートするのにターミナルからソフトキーボードでコマンドを打たなければならないと問題はいくつかありますが、アクセラレーションが効くとどうなるのかを体感するにはちょうどいいかもしれません。
(Ubuntu でもアクセラレーションは効きましたっけ?)
スポンサーサイト
Date: 2009.10.19 Category: SmartQ5  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。