スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Gentoo で Kernel Modesetting

Gentoo のアップデートで xorg-server の 1.6 が来ました。同時に Xorg の Intel ビデオドライバも 2.8.0 が来たので、Kernel Modesetting が使えます。

Gentoo オフィシャルのドキュメントは こちら
Xorg は 1.6 以上、Intel ドライバは 2.6.1 以上がインストールされていれば、後はカーネルの設定と起動オプションの設定で使えるようになるみたいです。

まずはカーネルの設定。使用したカーネルは 2.6.30-gentoo-r5 です。
Device Drivers --> Graphics support --> Direct Rendering Manager
と進み、Intel 830M, 845G, 852GM, 855GM, 865G を Y にし、i830 driver と i915 driver の選択で i915 driver を選びます。
すると、Enable modesetting on intel by default という項目が追加されるので、これを Y にします。
一つ戻って、Support for frame buffer devices で、Intel ~ の項目が有効になっていないことを確認してください。
再び戻って、Console displat driver support を選び、Map the console to the primary display device を Y にします。
これでカーネルをコンパイルし、インストールします。

次に起動オプションです。/boot/grub/menu.lst のカーネルの項目を、
kernel /boot/kernel-2.6.30-r5 root=/dev/sda2
こうなっていたら
kernel /boot/kernel-2.6.30-r5 root=/dev/sda2 i915.modeset=1 fbcon=map:1
このように追加します。

これで再起動して今作成したカーネルから起動すれば、Kernel Modesetting が有効になります。
スポンサーサイト
Date: 2009.10.01 Category: gentoo  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。