スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Fedora12 alpha

少し前ですが、Fedora12 の Alpha 版がリリースされました。
時間が取れたので、mini9 にインストールしてみます。

インストールそのものはほとんど Fedora11 と変わりません。正式版では多少変わる可能性もあるかと思いますが、基本的な流れは変わらないと考えて良さそうです。
ちなみに、デスクトップ環境として Moblin が選べるようになっていました。
今回は、デフォルトの gnome に加えて、LXDE と Moblin をインストールすることにしました。
(LXDE と Moblin はデフォルトでは選択できません。選択する方法は最後に書きます。)

インストールが終わって、とりあえず gnome を立ち上げたところ、壁紙が違うぐらいでほとんど Fedora11 と変化は感じません。ターミナルの出力が日本語に訳されている割合が増えたあたりは目につきます (yum 関連のメッセージはかなり日本語化されています。)
あとはデフォルトの IM が pidgin から empathy に変更されています。これは基本的な使い方は変わらないので、ほとんど問題ないと思います。
(ちゃんと確認していませんが、pidgin もインストールはされてそうです。メニューに出してないだけかも。)

問題点は、
1. インストール時に、grub の設定に initrd の行が追加されなかった。
2. kmod-wl が無い。
3. compiz を有効にすると表示がフラッシュして使えない。

気づいたところではこの辺でしょうか。
1. は起動しないので困りものです。たまたまなのか、なんらかのバグがあるのかは不明ですが。。。とりあえず menu.lst を書き換えてなんとかなりました。
2. のおかげで無線LAN が使えません。akmod-wl も試したのですが、コンパイルでエラーが出ています。どうやらカーネル 2.6.31 に対応していないようですね。
3. は実用上は問題ないか・・・と思っていたら、Moblin のデスクトップは compiz のエフェクトを使っているので、事実上 Moblin が使えません。Intel の Xorg ドライバの出来が悪いのですかねぇ。。。

しょっちゅう「~がクラッシュしました」というダイアログが出てますし、まだまだ何が起こるかわからない雰囲気はありますね。
一応、普通に使えることは使えてますが。


LXDE と Moblin をインストールする方法です。
インストール中にソフトウェアのリポジトリを選択する画面で、
Fedora - Rawhide - Developmental packages for the next Fedpra release
にチェックを入れます。
この時、インターネットへの接続が必要となります。無線LANはまだ認識されないので、有線LANを接続する必要があります。
それから、「今すぐカスタマイズする」にチェックを入れて「次」をクリックします。
Screenshot-Fedora12-alpha [実行中] - Sun VirtualBox

すると、このようなメニューが出るので、ここで「LXDE」か「Moblin デスクトップ環境」を選びます。
Screenshot-Fedora12-alpha [実行中] - Sun VirtualBox-1

インストールが終わったら、ログイン画面でユーザー名を選んでから、画面下部のセッションで「Moblin desktop experience」(スペル間違ってるかも・・・) を選んでログインすれば、Moblin のデスクトップが立ち上がります。
gnome 等に戻す場合は同じようにセッションを gnome なりを選択します。
スポンサーサイト
Date: 2009.09.16 Category: mini9  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。