スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Linux で動画再生支援

mini12 などに使われている GMA500 のビデオチップですが、ハードウェア動画再生支援機能がついているのですね。
Windows 環境では、いろいろなフィルタやコーデックを組み合わせることでこの機能を使っていますが、Linux にはあまり関係ないと思っていました。

が、どうやら使えるようです。ただし、いろいろ条件があるのは Windows 環境と変わらないところです。
結果的には、フルHD の動画もスムーズに見れるようになります。

まず、動画再生支援を行うライブラリがあります。libva というのがそれらしく、この再生支援の API を VA-API と呼んでいるのですね。
(これは GMA500 用というわけではなく、Intel のビデオチップの再生支援に対応するようです)

そして、コーデック(やプレイヤー)がこの VA-API を使えるようになっていれば、再生支援が効くはずです。
この API に対応するのは、
・Fluendo コーデック
・特定のバージョンの Helix Player
・VA-API 対応パッチをあてた mplayer
らしいです。
まず、Helix Player は入手方法が見つからなかったのでパスします。
次に mplayer。パッチをあてるのでビルドの手間がかかりますが、一番確実・・・かと思ったところ、mplayer に対応する VA-API パッチは最新に近い libva が必要なようです。ところが、GMA500 に対応させるには libva に変更が必要なようで、mplayer をビルドできるバージョンの libva では GMA500 を使用することができません。
で、最後に Fluendo コーデックです。これは、gstreamer に対応したプラグイン形式になっていて、バックエンドに gstreamer を使用するプレイヤーならどれからでも使用できます。しかし、この Fluendo コーデックは有料です (28ユーロぐらいだったかな?)。まあ、いろいろな絡みがあるので有料になるのは仕方のない所です。

しかし、簡単に Fluendo コーデックを試す方法があります。
mini12 にプレインストールされている ubuntu には、このコーデックがインストールされているのです。そういわれてみると、初回起動時に EULA への同意を求められましたよね。あれが Fluendo コーデックの使用許諾だったようです。

というわけで、GMA500 の再生支援を手っ取り早く体感する方法は、mini12 をリカバリーすること。
初期状態のままで、すでに libva と Fluendo コーデックがインストールされた状態になっているので、デフォルトの動画プレイヤーを使用すれば再生支援が効いています。
DivX 7 showcase にあるファイルで試してみます。
試したのは、TerminatorSalvationTrailer[DivX7].mkv (720p H.264、AAC stereo。解像度 1280x528) と
WatchmenTrailer[DivX7].mkv (1080p H.264, AAC stereo, 解像度 1920x800) の二つ。

やはり再生支援の効果はあるようです。再生支援無しだと、720p ですらはっきりとコマ落ちしているのがわかります。1080p はすでに動画では無いですね。
しかし、再生支援が効いた状態ですと、1080pですら見た目にはコマ落ちを感じないほどになめらかに再生されます。
フルスクリーンで再生しても、ちゃんと拡大・縮小がきれいにされています。
また、映像の質も変わっていそうです。例えば・・・と SS を貼ろうかと思ったのですが、見た目よりも SS だと差がありませんでした。
見た目だと、再生支援無しの場合に暗い場所の色が崩れるのですが、再生支援があればちゃんと表示されています。

この時の CPU 負荷は、再生支援無しでは70% 程度 (片方のコアが 100% にほぼ張り付いている状態)。
再生支援があると、20% 程度 (片方のコアが 30~40%ぐらい) になります。

フルHD (1080p のことですよね?) もスムーズに再生できたのはちょっと意外でした。対応する動画の形式であれば、デフォルト設定のままで再生支援を効かすことができるので、動画を見ることがメインならプレインストールの Ubuntu を使うのもありではないかと思います。

時間があれば、再生できる動画形式と、再生支援が効くかどうかを試してみたいものです。(何よりも面倒なのが、フリーにダウンロードできる、それぞれの動画形式のファイルを探すことだったりしますが・・・)
Fluendo コーデックがサポートするのは、WMV、mpeg2、H.264、mpeg4、WMA、MP3、AAC らしいです。
 

せっかくなので、撮った SS を貼っておきます。ファイルが大きい割には、あまり違いがわからなくて残念です。

再生支援有り
Screenshot-Terminator Salvation Trailer - Kaffeine プレイヤ

再生支援無し
Screenshot-TerminatorSalvationTrailer[DivX7].mkv - Kaffeine プレイヤ
スポンサーサイト

Date: 2009.08.14 Category: mini12  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。