スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Ubuntu9.04 でタッチパネル (PenMount ドライバ)

前回は evtouch にタッチパネルを認識させて使ってみましたが、微妙にフリーズなどの不具合で完璧とはいきませんでした。
しかし、意外(と言っては失礼ですが)なことに PenMount のサイトに Linux 用のドライバがありました。しかも Fedora や Ubuntu のリリース済み各バージョンや、その他用など各種取りそろえてます。

まず evtouch に認識させるための設定を削除します。削除しなくても平気かもしれませんが、念のためです。削除するには、/etc/hal/fdi/policy/50-penmount.fdi を削除します。その後 hal デーモンを再起動すればいいのですが、面倒なので PenMount のドライバをインストールした後にまとめて再起動することにしました。

次に PenMount のサイトからドライバをダウンロードします。先ほどのリンクを開き、上部のメニューの Support -> Download、PenMount TouchScreen Control Driver をクリックして、ライセンス条項を読んで I agree ~ をクリックすると各種ファイルのダウンロードリンクが表示されます。今回は Ubuntu の「9.04 Driver V2.4.1」を使用します。

ダウンロードしたら任意のディレクトリーで展開した後、install.sh を実行します。後は OS を再起動すれば、通知トレイに Windows と同じ PenMount のアイコンが表示されて、PenMount のドライバでタッチパネルが使えるようになります。
この PenMount のアイコンをクリックすると、タッチパネルのキャリブレーションができます。このキャリブレーション、表示されているポイントをタッチすればいいのだと思うのですが、タッチしても反応がありません。でも、タッチしてしばらくすると次のポイントに進みますし、終わるとちゃんとキャリブレートされるので問題なく動作しているっぽいのですが・・・ 反応が無いと解りにくいですね。

細かい調整方法は、ドライバのアーカイブ内に含まれる README-ubuntu904 ファイルに書いてあります。
今のところ、evtouch で発生したフリーズなどには遭遇していません。
これでかなり使いやすくなったと思います。
スポンサーサイト
Date: 2009.06.02 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SC3WO06A

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。