スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Desire で HelloWorld

Desire を使ったアプリ開発環境の構築をします。使用した OS は Lucid Lynx (Ubuntu10.04 LTS)。
まず、以前のエントリー で書いた内容にそって、Eclipse と Android SDK をインストールします。

次に Desire を USB 接続するための設定をします。udev にルールを追加するのですが、Desire のベンダー ID が必要になります。調べたところ (lsusb の出力で調べました)
ID 0bb4:0c87 High Tech Computer Corp.
こうなります。「0bb4」がベンダー ID、「0c87」がデバイス ID です。端末を開き、
sudo vi /etc/udev/rules.d/99-android.rules
で 99-android.rules ファイルを新規作成し、以下の内容を記述して保存します。
SUBSYSTEM=="usb",SYSFS(idVendor)=="0bb4",MODE="0666"
もしベンダー ID が異なる場合は、0bb4 の部分を適切な値に置き換えてください。
次に、今追加したルールを読み込ませるために、udev をリスタートします。
sudo service udev restart
Lucid の準備はこれで完了です。この設定は udev のルールを削除しない限り (99-android.rules ファイルを削除しない限り) 有効なので、一度この手順を行えば OS を再起動したりしてもこの手順は必要ありません。

次は Desire の準備です。
「設定」>「アプリケーション」>「開発」と選択します。ここの「USB デバッグ」にチェックを入れます。必要に応じて、その下の項目にもチェックを入れます。
あとは USB ケーブルで Desire と Lucid のマシンを接続します。
USB 接続の時は、どのモードを選択していても大丈夫です。というよりも、USB デバッグを有効にした状態で PC と接続すると、強制的に「充電のみ」になりました。
外部ストレージモードなどで接続している最中に USB デバッグを有効にすると、マウントが強制的に解除されてしまうかもしれないので、USB デバッグの ON/OFF は PC と接続していないときにやった方がいいかもしれません。

あとは adb を使って認識させます。端末を開いて、
adb kill-server
adb start-server
adb device
と実行すれば、
List of devices attached
HT04FPL05854 device
こんな表示がされるはずです。あとは ddms でデバッグしたりスクリーンショットを撮ったり、Eclipse からアプリを実行させたりすることが可能になります。
device.png
とりあえずスクリーンショットを保存してみました。

Eclipse で Desire のアプリを作成する時は、プロジェクトの新規作成の際に Build Target で「Android 2.1」を選択しました。作成されたテンプレートを実行してみると、
hello.png
こんな感じで Desire で HelloWorld が実行されました。
スポンサーサイト
Date: 2010.04.30 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

desire のブートローダー

20100430436.jpg
早速不具合修正のファームウェア更新があるそうですので、それを適用する前の状態です。この画面を出すには、電源を切った状態で左サイドにある音量マイナス (-) ボタンを押しながら電源ボタンを押して電源を入れれば、この画面が表示されます。

ソフトウェア情報は、
・ファームウェアのバージョン
2.1-update1
・ベースバンドのバージョン
32.34.00.28U_4.05.00.30_2
・カーネルのバージョン
2.6.29-f88b370f
htc-kernel@and18-2 #1
・ビルド番号
1.18.762.4 CL159354 release-keys
・ソフトウェアの番号
1.18.762.4
・ブラウザバージョン
WebKit 3.1
Date: 2010.04.30 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

Softbank X06HT (htc desire)

20100429a.jpg
さて、そろそろ扱う内容の収集がつかなくなっている気がしますが、一応 android 関連ということで。
Softbank から発売された android 端末、htc desire (X06HT) を購入しました。
予約していませんでしたし、発売数もかなり少ない雰囲気だったので、あまり買う気は無かったのですが、オンラインショップで確認すると余裕で買えそうだったので、半信半疑のまま購入手続きを進めていったら本当に買えてしまいました。

今まで android は自分でビルドした x86 環境と SmartQ5 だけなのですが、desire は別次元です。
「ああ、android は本当はこんなにキビキビと動くんだな」という印象を受けます。もし SmartQ5 を使っていて android はまだまだ使い物にならないと思っている方がいましたら、ぜひ店頭などでホットモックを触って見てください。SmartQ5 の android も、あれはあれでおもしろいのですけどね。

ちょっと触った感じで、気がついたことを。

メールを扱うアプリが何種類かあります。Home 画面にある「メッセージ」は SMS を送受信します。今のところ MMS には対応しないみたいで、MMS を受信することができません。メールセンターに保存されたままになるようで、MMS の受信できる端末から別途受信することはできます。
同じく Home 画面にある「メール」は e-mail を送受信するアプリです。プロバイダのメールアカウントなどを設定して、送受信するのだと思います。
アプリ一覧に「Gmail」というアプリがあります。これは Gmail 専用のアプリで、これに Gmail のアカウント (というか google のアカウント) を登録すれば、Market やカレンダーもそのアカウントが自動的に設定されます。
ちなみに、絵文字にも (今のところ?) 対応していないようで、絵文字部分は文字化けして表示されます。Gmail をブラウザで表示すれば、絵文字も表示されるような気はしますが、まだ試していません。

ブラウザはページの読み込み、スクロール、マルチタッチによる拡大・縮小、いずれもスムーズ。また、一部選択してのコピーや他のアプリへ選択したテキストを渡すことなども可能になっています。

今までタッチパネルは感圧式のものしか使ったことがなかったので、静電容量式 (でしたっけ?) は少々感覚が違いますね。片手でカメラを持ちながら撮影したので、人差し指と中指でピンチしてるのがそもそもの間違いな気もしますが。。。
選択した時にでるポップアップで、左のノートのアイコンをタップするとクリップボードにコピー、真ん中の検索アイコンをタップすると Wikipedia や辞書でその単語を検索する、右の矢印をタップすると他のアプリ (メールアプリなどに。URL を選択してメールで送信、などの操作ができます) へ渡すことができます。

ちなみに、箱が小さいという噂がありましたが本当に小さいです。
20100429b.jpg
desire 本体の下にあるのがこいつの箱。一番下にあるのは X02NK (Nokia N95) の箱です。どのくらい小さいか、もう少しわかりやすくすると、
20100429c.jpg
面積は DS とほぼ同じくらいという大きさです。
Date: 2010.04.29 Category: desire  Comments (0) Trackbacks (0)

Fennec on Android

http://blog.vlad1.com/2010/04/27/fennec-on-android-ground-zero/
Firefox 開発者の方のブログで、Android 用 Fennec のパッケージがダウンロードできるようです。と言っても、「"pre-alpha"」と言っていますし、とりあえず動いたといった感じでしょうか。
試しにダウンロードしてみました。上記リンク先の二次元バーコードを読み込むか、「download the build here」のリンクからダウンロードできます。
ちなみにファイルサイズが 10MB ほどあるので、WiFi でダウンロードしたほうがいいと思います。
SmartQ5 にインストールしてみましたが、アプリケーションを起動するだけでも数分待たされる感じです。さらに Fennec を起動していると他のアプリがどんどん強制終了してしまうので、メモリ的にもかなり厳しいような雰囲気です。

まだまだ普通に使うことはできなさそうですが、選択肢が増えることは歓迎ですね。
Date: 2010.04.28 Category: android  Comments (0) Trackbacks (0)

Fedora13 の新機能 (btrfs のスナップショット機能を使った yum ロールバック)

Fedora13 の新機能の一つに、yum の操作に対するスナップショットを自動的に作成する yum プラグインがあります。
https://fedoraproject.org/wiki/Features/SystemRollbackWithBtrfs
yum でパッケージ操作を行った際になんらかの不具合が生じた場合でも、作成したスナップショットからロールバックすることで正常なシステムを起動させることができるようになる、ということだと思います。
Windows のシステムの復元のようなもの、と考えればいいと思います。が、Fedora13 ではファイルシステムのスナップショットなので、すべてのファイルが復元の対象となります。
また、別途バックアップをとるようなものではないので、スナップショットの作成に長い時間がかかったり、ディスク容量を占有するような影響は少ないようです。(まったく無いわけではないようですが・・・)

この機能を有効にするためには、/ (ルート) ファイルシステムを btrfs にする他、yum のプラグインをインストールする必要があります。

まずは btrfs をルートファイルシステムにしてインストールする方法です。
Fedora13 では btrfs がまだデフォルトで使用できるファイルシステムになっていません。なので、インストーラーを起動する際の起動オプションを追加する必要があります。Fedora12 以前とはオプションが変わっており、「btrfs」オプションを追加します。
f13-btrfs-01.png
インストールメディアから起動し、メニューが表示されたら Tab キーを押し、画面下のオプション行の末尾に「btrfs」を追加して Enter キーを押します。
インストールが進み、次の画面のところで「パーティションレイアウトの確認と変更を行う」にチェックを入れます。
f13-btrfs-02.png

デフォルトで次のようなパーティション構成になると思うので、「lv_root」の行を選択して「編集」をクリックします。
f13-btrfs-03.png

次のようなダイアログが表示されるので、ファイルシステムタイプを「btrfs」に変更します。
f13-btrfs-04.png
あとは通常と同じようにインストールを進めます。

インストールが終わったら、ターミナルやパッケージマネージャから「yum-plugin-fs-snapshot」パッケージをインストールします。ターミナルから実行する場合は、root になってから
yum install yum-plugin-fs-snapshot
と実行します。
これで準備は完了しました。

実際にスナップショットをとるのは、yum でパッケージ操作をするときに自動で行われます。ターミナルから yum を実行すると、パッケージ操作を行うまえに以下のような表示が確認できます。
f13-btrfs-06.png
この場合で言えば、/yum_20100421234356 というスナップショットが作成され、yum を実行する直前の状態が記録されています。ファイルマネージャなどで / を表示させてみると、この名前のディレクトリを確認することができます。

では、このスナップショットを使ったロールバックや、スナップショットが不要になった場合の削除方法などは?
どうやら gnome-disk-utility に含まれる Palimpsest というツールに含まれる予定のようですが、Fedora13 には間に合わないらしいので、Fedora14 以降で対応だとか。
また、ロールバックに関しては grub2 を使って起動時にスナップショットを選択して起動することができるらしいですが、それらしい機能を確認できませんでした。
Date: 2010.04.22 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

Fedora13 beta

5月にリリース予定の Fedora13 のベータがリリースされました。今回もいろいろ盛りだくさんです。
とはいえ、ベータまで来ていると大体普通に動作してくれます。ここまでで気がついたのは2点。

一つ目は、gnome-shell が動作しないこと。
gnome-shell は、今年の9月にリリース予定の gnome3 に搭載予定の新しいシェルです。Fedora12 から yum で簡単にインストールできるようになっていたので、便利に使っていました。
どうも gnome-shell で使われる clutter というライブラリのバージョンが、まだ gnome-shell の対応しないバージョンになってしまっているようです。http://fedoraproject.org/wiki/Common_F13_bugs#GNOME_Shell_fails_to_run_at_all
正式リリースまではなんとかなる、と思いたいところです。

二つめは、nVidia のオープンソース版ドライバである nouveau が、Gallium3D に対応したドライバが使えること。
通常、nouveau はデフォルトでインストールされる GeForce 系ビデオカードのドライバですが、これは 3D 拡張に対応していません。つまり、compiz などの 3D デスクトップは使えないので、nVidia のプロプライエタリなドライバをインストールするのが定番でした。
しかし、Gallium3D に対応することで、パフォーマンスはプロプライエタリなドライバに及びませんが、3D 拡張にも対応することができます。
どうやらまだ標準ではインストールされないようなので、Fedora13 をインストールし、パッケージを最新に更新してから root 権限で
yum install mesa-dri-drivers-experimental
と実行して再起動します。再びデスクトップに戻ってきたら、ターミナルから (これは一般ユーザーでも可)
glxinfo
と実行します。するとログがずらずらと表示されるので、その中に
OpenGL vendor string: nouveau
OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on NV4A
OpenGL version string: 2.0 Mesa 7.8-devel
OpenGL shading language version string: 1.20
こんな感じの出力があれば、Gallium3D を使って動作しています。この状態でデスクトップの視覚効果メニューから compiz を選べば、nVidia のプロプライエタリなドライバをインストールしなくても、3D デスクトップが有効になります。

いろいろと使いやすくなっていますね。気になっているのが、フォントが一部中国語?の字体になってしまっていること。ほとんどは VL ゴシックで表示されるのですが、web サイトの一部で字体が変わってしまうので、それを調べてみようと思います。
Date: 2010.04.16 Category: Linux  Comments (0) Trackbacks (0)

2010.03a

しばらくチェックしていなかったのですが、TouchBook の AIOS 2010.03a がリリースされていました。
しかし、何らかの問題があるようで、自動アップデートはまだされない模様。バージョンを指定して強制的にアップデートしないと、このバージョンにはならないようです。

とりあえず 2010.03a にしてみましたが、良くなっているようです。
変更点の気がついたところでは、
・YouTube アプリが追加
メニューから選択すると、検索語を入力するダイアログが表示されます。入力すると検索結果のリストが表示されるので、それを選ぶと全画面表示でビデオが再生されます。画質的には標準画質と呼ばれるものではないかと思います。
再生は mplayer を使用しているので、再生中の操作は mplayer の操作キーでできます。
しかし、再生が終わるとそのまま終了してしまうので、続けて他の動画を観たいときは検索から (正確にはメニューから YouTube アプリを選択するところから) 再度やらなくてはなりません。
・デフォルトの web ブラウザが chrome に変更
今までは midori だった (firefox だったかも) のですが、タスクバーに表示されるブラウザが chrome になっています。しかし、chrome はタッチパネル向けのスクロール機能がありません (スクロールバーを使わないとスクロールできない)。今までは chrome touch という拡張をインストールすることでその機能が使えていましたが、今のバージョンではこの拡張がインストールできませんでした。
・メニューのレスポンスが良くなった
今まではサブメニューを開くときに、ワンテンポ置いてから開く感じだったのが、カーソルを合わせればすぐに開くようになりました。
・USB-VGA に対応?
changelog にはそのように書いてありますが、手持ちの displaylink アダプタでは使えませんでした。
・スクリーンキーボードが変更
今までは onboard を使っていましたが、AIOS 専用のスクリーンキーボードに変更されています。デザインの変更もさることながら、このスクリーンキーボードは、キーボード表示エリアで他のウィンドウを隠さないようになりました。
また、縦画面と横画面それぞれの状態で幅全体にキーボードが表示されるようになっています。このキーボードはかなり使いやすくなったと思います。

フラッシュしたからかもしれませんが、全体的に動作がスムーズになったような気もしますし、更新してみる価値はあったと思います。
私の作った日本語関連のパッケージは一部問題があったので、作り直して近いうちに置き換えたいと思います。
Date: 2010.04.15 Category: TouchBook  Comments (0) Trackbacks (0)

Ubuntu 10.04 beta2 を wubi でインストール

(動画は、2分すぎのあたりで入力が少しある以外はほとんどが待ち時間です)

簡単にインストールできるので説明も不要かと思いますが、wubi は Ubuntu の特徴の一つでもある Windows 上からインストールを行える機能です。
wubi の便利なところは、アンインストールも Windows から行えること。grub でデュアルブートさせていると、Linux パーティションを削除してしまうと grub が起動不可になってしまい、Windows の起動も難しくなってしまう場合があります。
wubi は Windows のブートローダーに Ubuntu を起動するための項目を追加しますし、デフォルトでは Windows が自動的に起動するようになっているので、少なくとも Windows は元のまま起動するでしょう。
また、Windows のファイルシステム上にハードディスクのイメージを作成するため、専用の空きパーティションを必要としないことも、便利な点だと思います。

まあ、簡単さという意味では LiveCD や仮想マシンを使用する方法もありますが、扱いやすい方法があるのはいいことだと思います。
Date: 2010.04.13 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

adobe flash player 10.1 RC

http://labs.adobe.com/downloads/flashplayer10.html
RC が出たということは、そろそろ正式リリースも近いのですかね。
Linux 版は H/W 再生支援なども (今のところ) 使えないので、気持ち軽くなったかな?程度です。
ARM 版はデバイスと同梱での配布になるのですかねぇ。x86 と同じようにダウンロードできるようになると、SmartQ5 や TouchBook で楽しめるのですけど。
Date: 2010.04.10 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

SmartQ5 のファームウェアをカスタマイズする

SmartQ5Extractor は、今までファームウェアイメージの展開にしか使っていなかったのですが、イメージの作成にも使えるのですね。これを利用すれば、既存のファームウェアイメージをカスタマイズすることができます。
ルートイメージが .tar.gz でアーカイブされているため、Linux で作業した方が便利かもしれません。今回は Ubuntu9.10 で実行しました。

まず、Ubuntu には SmartQ5Extractor を実行するために必要なパッケージが足りないので、インストールします。
sudo apt-get install libmono-microsoft-visualbasic8.0-cil
あとは SmartQ5Extrator.exe、カスタマイズしたい SmartQ5 ファイル (ファームウェアイメージ) を Ubuntu マシンにコピーします。ターミナルから
mono /path/to/SmartQ5Extractor.exe (必要に応じてパスを置き換えて下さい)
と実行すると、SmartQ5Extractor が起動します。
一部文字化けしていますが、まずファームウェアイメージを展開します。「□□固件(S):」の右側にある「□□(B)...」をクリックするとファイル選択ダイアログが表示されるので、SmartQ5 ファイルを選択します。するとファイル一覧が表示されるので、「生成目□(G):」の横に展開先のパスを入力 (デフォルトでファームウェアイメージと同じ位置が指定される) し、右下の「解包(E)」をクリックします。
q5-20100407a.jpg

次にカスタマイズです。今回は既存のイメージにファイルをいくつか追加するだけなので、ファイル・ブラウザからアーカイブを一時展開して、そこで追加することにします。
メニューの「場所」やデスクトップアイコンなどから、先ほど展開したディレクトリを開きます。
q5-20100407b.jpg
ここで「rootfs.tar.gz」をダブルクリックすると、デフォルトで書庫マネージャが立ち上がり、アーカイブの中身を表示します。ファイルを追加したいディレクトリを開き、メニューの「編集」>「ファイルの追加」を選択し、追加したいファイルを指定すればアーカイブに追加されます。
書庫マネージャで追加した時点で元のアーカイブに追加されているので、追加が終わったら書庫マネージャを閉じれば OK です。もし元のアーカイブとは違う名前で保存したい場合は、ファイルを追加する前に、メニューの「ファイル」>「別名で保存」を選択し、違う名前をつけておきます。

カスタマイズが終わったら、ファームウェアイメージを再構築します。SmartQ5Extractor を開き、「打包」のタブをクリックします。
「固件文件(R):」に最初のファームウェアイメージのファイル名を入力 (右側の「□□(B)...」をクリックして選択することも可能) し、変更したいファイル名のチェックボックスにチェックを入れ、ファイル名を入力するか、右のボタンをクリックして選択します。
q5-20100407c.jpg
そして、右下の「打包(P)」をクリックすると、ファームウェアイメージの指定したファイルが変更されます。
もし既存のイメージを変更するのではなく、新規にイメージを作成したい場合は「□建新包(N)」にチェックを入れ、全てのファイルの位置を指定して「打包」をクリックします。この場合は、新規ファームウェアイメージのファイル名が既に存在しているとエラーになる (上書き保存ができない) ので注意してください。

これでカスタマイズされたファームウェアイメージが作成されたので、SD カードに「SmartQ5」という名前でコピーして、通常の手順で更新作業を行えば OK です。
Date: 2010.04.07 Category: SmartQ5  Comments (0) Trackbacks (0)
最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。