スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Ubuntu9.10

そうとうに今さらな話題ですが、Ubuntu9.10 で SC3 へのインストールが (多少) 楽になっています。
元々 SC3 は grub からの起動に問題があり、grub を MBR にインストールしても OS を起動することができませんでした。そのため、Windows のブートローダーを利用したりする手間が必要でした。

しかし、Ubuntu9.10 で標準のブートローダーに採用された grub2 は、そのような問題がありません。そのまま MBR にインストールすれば、OS を起動することができるようになります。
もちろん、標準の HDD を使う場合は、MBR を書き換えてしまうとリカバリするのに CD 等からブートする必要があったりするので、あまりメリットはありませんが、HDD を交換して Ubuntu をインストールする場合などにはこれでかなり便利になると思います。

ちなみに、Ubuntu9.10 でも US15W のドライバは存在するみたいです。また、compiz の whitelist もドライバのインストール中に書き換えてくれるので、3D デスクトップも有効になります (Ubuntu WIKI を参照)
ただ、セキュリティアップデートなどでカーネルが更新された場合はその都度
sudo dpkg-reconfigure psb-kernel-source
を実行する必要があります。カーネルをアップデートした後に再起動すると X が起動しないですし、できることなら自動的にカーネルモジュールはビルドして欲しい所です。というか、カーネルに統合されてくれればベターなのですけどねぇ。。。

上記の手順で psb ドライバをインストールすると、再生支援を有効にした mplayer と adobe flash 10.1beta (こちらは Linux 環境では再生支援が効かないはずですが) もインストールされます。
しかし、mplayer は依存関係を無視しているので、そのままでは起動しない可能性があります。
その場合は、
sudo apt-get install libsvga1 libxvidcore4 liblzo2-2 libaudio2 libopenal1 libfaac0 libmp3lame0
と必要なパッケージをインストールすれば使えると思います。

adobe flash も dpkg などでインストールしたパッケージを削除してしまうので、flash のアップデートに注意する必要があります。今のところ Linux 版は 10.1 のメリットもあまり無いような気がしますし、あえてインストールする必要も無いように思うのですけどね。
スポンサーサイト
Date: 2010.02.22 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)

Ubuntu9.04 onSC3 で 3D デスクトップ

2D ドライバのみだった Ubuntu9.04 用の psb ドライバに、3D ドライバが追加されたようです。これで compiz を使った 3D デスクトップも使用することが出来ます。

まず、(まだ追加していなければ) Ubuntu mobile team のリポジトリを追加します。追加したか、すでに追加してあった場合は、
sudo apt-get update
でパッケージ情報を更新して、
sudo apt-get install poulsbo-driver-3d
とします。
すでに 2D ドライバをインストールしていた場合、psb ドライバ関連の一部のパッケージもアップデートされているので、アップデートマネージャーを使って既存のパッケージを全て最新にする必要があると思います。

これで再起動すれば compiz が立ち上がります・・・と言いたいところですが、Ubuntu は compiz を使えるドライバを制限しているようで、psb ドライバはその制限に引っかかりそのままでは compiz が有効になりません。
スクリプトを編集することでこの制限を回避出来ますが、なんらかの問題が発生する可能性もあると考えておいた方がいいかもしれません。

編集するのは、/usr/bin/compiz です。まずはオリジナルをバックアップします。
sudo cp /usr/bin/compiz /usr/bin/compiz.orig
エディタでこのファイルを開きます。
sudo vi /usr/bin/compiz
これの
#Driver whitelist
WHITELIST="nvidia intel ati radeon i810 fglrx"
となっている行に、
WHITELIST="nvidia intel ati radeon i810 fglrx psb"
と psb を追加します。

一旦 Ubuntu を再起動すると、3D デスクトップが有効になると思います。もし自動的に有効にならない場合は、システム > 設定 > 外観の設定 と開き、「視覚効果」タブで「効果なし」から「通常効果」または「追加効果」に変更します。

追加効果まですると動作が重く感じるかもしれませんが、通常効果ぐらいのエフェクトが入ると使いやすいと個人的には思います。欲を言えば、psb ドライバが標準でインストールされるようになると、さらに便利なのですけどねぇ。
Date: 2009.07.01 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)

Ubuntu9.04 でタッチパネル (PenMount ドライバ)

前回は evtouch にタッチパネルを認識させて使ってみましたが、微妙にフリーズなどの不具合で完璧とはいきませんでした。
しかし、意外(と言っては失礼ですが)なことに PenMount のサイトに Linux 用のドライバがありました。しかも Fedora や Ubuntu のリリース済み各バージョンや、その他用など各種取りそろえてます。

まず evtouch に認識させるための設定を削除します。削除しなくても平気かもしれませんが、念のためです。削除するには、/etc/hal/fdi/policy/50-penmount.fdi を削除します。その後 hal デーモンを再起動すればいいのですが、面倒なので PenMount のドライバをインストールした後にまとめて再起動することにしました。

次に PenMount のサイトからドライバをダウンロードします。先ほどのリンクを開き、上部のメニューの Support -> Download、PenMount TouchScreen Control Driver をクリックして、ライセンス条項を読んで I agree ~ をクリックすると各種ファイルのダウンロードリンクが表示されます。今回は Ubuntu の「9.04 Driver V2.4.1」を使用します。

ダウンロードしたら任意のディレクトリーで展開した後、install.sh を実行します。後は OS を再起動すれば、通知トレイに Windows と同じ PenMount のアイコンが表示されて、PenMount のドライバでタッチパネルが使えるようになります。
この PenMount のアイコンをクリックすると、タッチパネルのキャリブレーションができます。このキャリブレーション、表示されているポイントをタッチすればいいのだと思うのですが、タッチしても反応がありません。でも、タッチしてしばらくすると次のポイントに進みますし、終わるとちゃんとキャリブレートされるので問題なく動作しているっぽいのですが・・・ 反応が無いと解りにくいですね。

細かい調整方法は、ドライバのアーカイブ内に含まれる README-ubuntu904 ファイルに書いてあります。
今のところ、evtouch で発生したフリーズなどには遭遇していません。
これでかなり使いやすくなったと思います。
Date: 2009.06.02 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)

Ubuntu9.04 でタッチパネル

SC3 のビデオドライバもインストールできましたし、せっかくならタブレットモードでも使えるようにしたいと思います。
まずはタッチパネルが使えないことには話になりませんが、とりあえず画面を触ると反応はしています。デバイスは認識していますが、やはりズレが大きく、さらに画面を回転させるとタッチパネルが追従できないので、このままでは使えません。

どうやらデフォルトではジョイスティック扱いでタッチパネルは認識されているみたいで、以前使った joytouch を使ったりすればキャリブレーションも可能だとおもいます。
しかし、(NetbootRemix だけかもしれませんが) メニューの システム > システム管理 の下に Calibrate Touchscreen というメニューがあります。まずはこれを使ってみましょう。

・・・と思いましたが、エラーが出て使えません。どうやら evtouch を使ったタッチパネルの制御の場合に使えるキャリブレーションのようで、SC3 のタッチパネルは evtouch 対応デバイスとしては認識されていないようです。画面の指示に従って、バグ報告サイトを開いてみましたが、いろいろな機種の報告がされていました。
どうせログを貼るだけだから post してみようかと思いましたが、post するには当然ログインが必要。アカウントは持っていません。
なので、とりあえず手動で設定を追加して、ちゃんと動くかどうか確認してみましょう。

最近は xorg.conf は使わずに hal が制御しているので、/etc/hal/fdi/policy 以下に


こんな内容のファイルを作り、OS を再起動するか hal デーモンを再起動してこの設定を読み込ませます。その後に X を立ち上げれば、タッチパネルが evtouch のデバイスとして認識されます。
・・・と思ったのですが、この設定ファイルが xml だからなのか、ここに貼り付けても表示されないようですね・・・面倒なので、下のキャリブレーションのファイルと共に、
ここ に置いておきます。

しかし、キャリブレーションを行おうとすると、注意書きのダイアログが表示されたところで反応が無くなってしまいます。
X や OS の動作は問題ないのですが、キャリブレーションが行えません。仕方がないので手動で設定ファイルを書き換えました。書き換えるファイルは、/etc/evtouch/config で、
MINX="42"
MINY="53"
MAXX="985"
MAXY="983"
X0="-10"
Y0="5"
X1="0"
Y1="5"
X2="12"
Y2="5"
X3="-1"
Y3="-1"
X4="-3"
Y4="-1"
X5="-1"
Y5="-1"
X6="5"
Y6="-5"
X7="4"
Y7="-5"
X8="-5"
Y8="-5"
こんな感じです。値はだいぶ前に収集した値を使いました。
これで OS を再起動すれば、(ある程度)正しい位置に補正されてタッチパネルが使えると思います。

あとは使い勝手を良くしてみましょう。まずはタッチパネルで右クリックです。メニューから システム > 設定 > マウス と開き、アクセシビリティ タブを開きます。
ここの「第二のクリックの模擬」欄にある「第一ボタンを押したままにすると~」のチェックを入れます。ここで一回ログアウトが必要になると思いますが、指示に従ってログアウト>ログインをすると、画面を長くタップすることで右クリックをすることが可能になります。
Windows VISTA のように、カーソルの周りを円が囲むアニメーションはありませんが、よく見るとカーソル内に色がついていくアニメーションがあり、カーソル全体に色がつくと右クリックが発生するようになります。ペンでカーソルが隠れて見えにくかったりするので、見えやすくする工夫も必要かもしれません。

スクリーン キーボードは、cellwriter がデフォルトでインストールされています。アルファベット等なら手書き入力も可能です。しかし、スクリーン キーボードでテンキーのエリアを表示しないオプションがあると、縦画面にしたときにももっと使いやすいかな・・・と思いましたね。

これでかなり使いやすくなったかな、と思いましたが、どうも evtouch との相性が悪いのかタッチパネルを使っていると頻繁に X がフリーズします。
OS 自体は生きているようで、他のマシンから SSH でログインしたりはできます。タッチパネルを使わなければほとんどフリーズはしないので、問題は evtouch かと思いますが、雰囲気的には psb ドライバとの相性の可能性も捨てきれませんよね。
結構な頻度でフリーズしてしまうので、せっかく便利に使えるのにタッチパネルを触るのをためらってしまいます・・・
Date: 2009.05.25 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)

無線LAN 換装

少し前に、SC3 を分解して仮組み状態で動作確認をしていたときに、無線LAN カードを壊してしまいました。
カード自体は OS から認識されるのですが、MAC アドレスがすべて 0 になってしまっていて、電波もまったく拾えない状態になってしまったのです。

そこで、無線LAN カードを Brodcom94311 チップを使ったカードに交換しました。
比較的メジャーと思えるのは Intel のチップを使ったカードに交換だと思いますが、今回は mini9 が Broadcom の 4312 というチップを使っていたので、どうせなら似たタイプを使えばドライバ情報などの使いまわしが出きるだろう、と思ってこのカードにしました。

Linux の場合はファームウェアを追加インストールしなくては使えないので一手間ありますが、標準のカードに比べればはるかに簡単になりました。
(VT6656 は、ドライバのソースコードは公開されていましたが、kernel が 2.6.27 あたりになるとそのままじゃコンパイル出来なかったですし。)
Date: 2009.02.03 Category: SC3  Comments (0) Trackbacks (0)
最新記事
最新コメント
ウィジェット
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Author:SC3WO06A
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。